医療関係者の皆様へ

 学術・品質情報課からのお知らせ

1.「輸血用血液製剤」に関する院内勉強会の申込み用紙はこちら

  

2.「輸血情報」や「お知らせ文」などへのリンクはこちら(日本赤十字社へリンク)

  

宮城県合同輸血療法委員会事務局からのお知らせ

1.平成27年度活動報告書(容量の都合上、分割して掲載しております。)

  ①提言・活動状況・実態調査 PDFファイル
  ②輸血療法及び血液製剤適正使用に関する周知度調査 PDFファイル
  ③輸血機能評価認定制度(I&A)現地調査・紙面調査 PDFファイル
  ④看護師研修会・出張講演会 PDFファイル
  ⑤血液製剤適正使用説明会(北澤先生講演) PDFファイル
  ⑥実態調査アンケート回答一覧 PDFファイル
  

  

 

血液製剤供給に関する情報

 1.お知らせ

血漿分画製剤の供給の終了について(2015.3.1.) 

これまで供給しておりましたJB社製血漿分画製剤につきましては、平成27年3月31日をもって供給を終了することとなりました。 JB社製血漿分画製剤供給終了に伴い、  『輸血用血液製剤発注に関する手順』が改訂されますので、お知らせいたします。

 

2.血液製剤を初めて発注する場合 

はじめて血液製剤を発注される際は、『輸血用血液製剤発注に関する手順』の記載に従い、医療機関登録を行う必要があります。  指定の様式に必要事項を記入の上、宮城県赤十字血液センター・供給課あてお届け(FAX可)ください。

 

3.血液製剤の発注方法について

(ア)  FAX発注

       ①   「輸血用血液製剤発注票」に必要事項を記入する。 

       ②   「輸血用血液製剤発注票」をFAX送信する。 (定期便以外、緊急走行依頼の場合は、電話により連絡する。)

       ③    血液センターからの返信を確認する(重要)。

 

(イ) インターネットを経由した血液製剤発注システム

      血液製剤発注システム(WEB受注)の導入について(PDFファイル)

 

4.血液製剤発注から配送・納品までのフローチャート

    フローチャートはこちら

 

5.定期配送便の予約期限と納品時刻

    予約期限と納品時刻はこちら

 

6.定期配送便以外の配送を依頼する場合

 

(ア)  定期便以外配送         

申し込み締め切り日時を過ぎた発注(患者様の容態により定期便配送では不都合であるが、緊急配送の対象とはならない場合など)については、お電話にてご相談ください。

(イ)  緊急走行

 原則として輸血用血液製剤が着き次第、直ちに輸血をしなければ生死にかかわる場合緊急手術、吐血・下血、交通外傷、高度貧血など)に限らせていただきます。また、緊急自動車の特例のための要件として、患者様の容態等の状況確認が必要となりますので、電話をおかけ頂き、状況等のご説明をお願いいたします。なお、説明頂いた内容(検査外注に間に合わせるため、勤務時間内納品を希望するため、等)によっては、お断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。緊急配送は、周囲を含め交通事故等の危険が増加します。可能な限り「定期便」または「定期便以外」での供給に、ご協力くださいますようお願いいたします。

 

7.時間を要する製剤

 

(ア)  Ir-PC-HLA-LR製剤およびRh(-)のIr-PC-LR製剤 

献血者の確保が必要になるため、納品日の1週間前までに発注をお願いいたします。詳細については、「輸血用血液製剤発注に関する手順」をご確認ください。

(イ)  指定抗原陰性血液製剤

厚生労働省通知「血液製剤の使用指針」に従い、37℃で反応する不規則抗体を保有している患者様の場合に限らせていただきます。また、抗体の特異性が判明している場合のみの指定となります。詳細については、「輸血用血液製剤発注に関する手順」をご確認ください。   

(ウ)  まれな血液型の製剤

基本的に冷凍した状態で在庫しております。解凍後の洗浄工程に時間を要することから、お急ぎの場合においても、発注から納品までに時間を要することとなりますので、ご了承ください。在庫数が限られることから、全国的な調整が必要となる場合もありますので、納品日時についてご相談させて頂くことがあります。

(エ)  RhD(-)、CMV(-)製剤製剤

在庫数が限られることから、全国的な調整が必要となる場合もありますので、納品時刻についてご相談させて頂くことがあります。未照射血液製剤のご希望であっても、照射血液製剤の納品となる場合や、ご希望の規格とならない場合(例:Ir-RBC-LR-2を1本に対しIr-RBC-LR-1を2本など)がありますので、ご了承ください。

 

8.納品時の確認事項(お願い)

血液の納品時に、以下の項目について確認をお願いします。 なお、受領書に受領印(サイン)と受領時刻の記入をお願いします。 

      1.医療機関名  2.血液製剤名   3.血液型   4.納品数量 

なお以下の項目については、納品後速やかにご確認ください。 

      1.外観異常の有無  2.添付文書の有無  3.有効期限

 

9.ダウンロード

 

(ア)  輸血用血液製剤の申し込み(院内掲示用ポスター)

        ①     供給課・登米供給出張所共通(PDFファイル

(イ)  血液製剤発注票

        ①     供給課管内(Wordファイル記入見本PDFファイル

        ②     登米供給出張所管内(Wordファイル記入見本PDFファイル

(ウ)  血液製剤発注票_指定抗原陰性血液

        ①     供給課管内(WordファイルPDFファイル

        ②     登米供給出張所管内(WordファイルPDFファイル) 

(エ)  輸血用血液製剤発注に関する手順

        ①     供給課・登米供給出張所共通(PDFファイル

(オ) 各種申請様式

        ①     供給課・登米供給出張所共通(PDFファイル        

 

10.お問い合わせ先

(ア)  宮城県赤十字血液センター 供給課

【担当地域】 仙台市、加美町、色麻町、大衡村、大和町、大郷町、富谷町、利府町、七ヶ浜町、松島町、塩竃市、

                   多賀城市、名取市、岩沼市、川崎町、村田町、柴田町、大河原町、亘理町、七ヶ宿町、蔵王町、白石市

                (角田市、丸森町、山元町=福島県相馬供給出張所(TEL0244-35-6066)が発注受付担当となります。)

       ●TEL:022(290)2520

       ●FAX:022(777)6301

 (イ)  宮城県赤十字血液センター 登米供給出張所

 【担当地域】大崎市、登米市、栗原市、石巻市、東松島市、気仙沼市、涌谷町、美里町、女川町、南三陸町

       ●TEL:0220(22)2898

       ●FAX:0220(22)8166

 

宮城県内血液メーター

400mL献血

7/28は35病院に400mL献血で213人分と血小板成分献血で67人分の血液を届けました。梅雨明け間近の厳しい暑さとなりそうです。熱中症や紫外線対策を万全に。お出かけの折は最寄りの献血会場でご協力お願いします。

2016年07月29日現在

アイコンの見方

献血に行こう!

7月31日(日)

献血バス

詳細を見る