献血基準

献血できる条件

健康な方であれば、献血による身体への影響はほとんどありません。
ただし、体調を崩していたり、健康状態の良くない時に献血をすると健康を損ねる場合もあります。日本赤十字社では、献血される方の健康を守るために、さまざまな基準を設けています。

献血方法別の献血基準

献血にご協力いただける方の安全を第一として、国が定めた基準などにより、医師が総合的に判断してお願いしています。
※65歳以上の方の献血については、献血いただく方の健康を考慮し、60~64歳の間に献血経験がある方に限ります。
※平成29年4月15日から、国の献血基準の範囲内で、「宮城県赤十字血液センターでお願いしている献血の基準」に基づいて、献血の協力をお願いしています。→こちらをご覧ください。

献血の間隔表

※血漿を含まない場合には、1週間後に血小板成分献血が可能になります。ただし、4週間に4回実施した場合には次回までに4週間以上期間をあけてください。

薬の服用と献血できない期間について

お薬には、種類や服用期間によって献血できる場合があります。献血の際にはお薬またはお薬手帳をお持ちください。下記には主なお薬を示しています。詳しくは検診医師または受付職員にお尋ね下さい。

(1)当日服用していても献血できるお薬(ただし献血者の健康状態を考慮し、献血できない場合もある)

・ビタミン薬(貧血治療薬、ビタミンKを除く)
・ミネラル薬(貧血治療薬を除く)
・漢方薬(肝疾患、感冒、喘息等のために服薬している場合を除く)
・抗アレルギー薬(セレスタミンの服用等一部献血できない場合がある)
  市販の花粉症・アレルギー性鼻炎薬、アレグラ、アレロック、ジルテック等は献血可能
・高脂血症治療薬(エパデール、ロトリガ等を除く)
・胃腸薬(感染性下痢症のある場合を除く)
・低用量ピル(女性ホルモン)
・降圧剤(血圧が安定していれば複数剤の服用でも献血可能)
・下剤・市販緩下剤

(2)前日までの服用であれば献血できるお薬

・風邪薬
・鎮痛消炎剤(症状がない場合や予防的服用に限る)
・市販解熱鎮痛薬(アスピリン、バファリン、ロキソニン、PL 顆粒等)
・痛風治療薬(コルヒチン等一部献血できない場合がある)
・睡眠薬、抗不安剤、安定剤
・消炎酵素剤(ターゼン、ノイチーム、レフトーゼ等)

(3)服用中止から3日以上経過していれば献血できるお薬

・抗生剤
・抗ウイルス薬
・止痢薬(アドソルビン、タンアンルビン、トランコリン、フェベロリンA、ロペミン等)
・ステロイド系抗アレルギー薬(セレスタミン、アプシラジン等)
・痛風発作薬(コルヒチン)
・喘息治療薬(発作時のβ2刺激薬、キサンチン誘導体等)
・抗精神剤(抗不安剤、安定剤を除く)

(4)その他

・原疾患に関する薬(糖尿病治療薬、狭心症治療薬、抗不整脈薬、抗血栓薬、抗腫瘍薬、他)【献血不可】
・チガソン(乾癬治療薬)【献血不可】
・ラエンネック、メルスモン(ヒト由来プラセンタ)【献血不可】
・プロペシア、プロスカー【1カ月献血不可】
・アポダート、アポルプ【6カ月献血不可】

※その他にも皆様の健康状態を医師が総合的に判断し、献血をご遠慮いただく場合があります。

献血できる場所について

最寄りの献血ルームや、市町村を巡回する献血バスにて受け付けています。初めての方もお気軽にお越しください。

宮城県内血液メーター

400mL献血

8/19-20の週末は,24病院に400mL献血で106人分と血小板成分献血で53人分の血液を届けました。今日も雲が多くポツポツ,パラパラと雨が降ったり止んだり。傘の手放せない日が続きます。過ごしやすい体感ですが体調管理に注意してください。皆さま最寄りの献血会場でご協力お願いします。

2017年08月21日現在

アイコンの見方

献血に行こう!

8月22日(火)

献血バス

詳細を見る